HOME >> 吉岡淳BLOG スローカフェムーブメント
カフェスロー代表吉岡が、自身の活動を通して、「本当の豊かさ」を追求する人々や出来事との出会いを綴ります。

『 カフェそそど・粟島 』



新潟県の山形との県境沖に粟島という人口350人の島がある。
平均年齢70歳を超える典型的な過疎の島。



そんな島からの要請で、公設民営による島カフェの可能性について打診があり、 一年近くの準備期間をかけて、今年5月2日の「島開き」の日にカフェをオープン。
その名も「カフエそそど・粟島」。”そそど”とは、地元の方言で「ゆっくり」という意味。



この店の経営は、「スロータウン・ネットワーク」が村役場から受託し、カフェスローのキッチンスタッフだった世良健一・さやか夫妻が退職を機にカフェのスタッフとして働いている。島の畑で野菜を栽培しながらカフェで働き、近い将来には出産と子育てを島でやりたいという2人の希望が叶って、楽しい島生活を送っている。




カフェスローと同じく、手作りのストローベールの内装と壁塗り、そして漁船の照明器具を応用したライト、島民から拠出していただいた椅子・テーブルなど島の人々の温かい協力によって、粟島初のカフェが誕生した。





これから夏の最盛期を迎えるが、カフェスロースタッフの有志も夏休みを利用して、カフェそそどの応援に駆け付ける。名実ともにカフェスローの姉妹店として、オーガニック料理とドリンクを提供。カフェの窓から波止場と船の往来が見え、同時に馬車の停留所にもなっている素敵なロケーション。新潟方面に行かれる方はぜひ訪問してほしい。



JR村上から乗り合いタクシーで岩船港へ、そこからフェリーまたは高速船で約1時間。
夏は涼しく、冬は雪がほとんど降らない癒しの島です。

吉岡淳


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログ内を検索

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

吉岡淳関連書籍

吉岡淳関連書籍

吉岡淳関連書籍

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他