HOME >> 吉岡淳BLOG スローカフェムーブメント
カフェスロー代表吉岡が、自身の活動を通して、「本当の豊かさ」を追求する人々や出来事との出会いを綴ります。

2012年夏を振り返って



長くて暑い夏がようやく終わろうとしています。皆さんはどんな夏を過ごされましたか?

カフェスローでは、今年の夏の過ごし方を春から考えていたのですが、毎年一週間程度の夏休みを取っていたのを、思い切って「ホーキ」し、2週間にしました。そのことで省エネにもなり、スタッフがまとまった休みを取ることによって、リフレッシュにもなると考えたからです。

その間、二人のスタッフと、新潟県の粟島で、本保村長からの要請で臨時のカフェを二週間オープンし、来年から本格的に営業が始まる「地場産品の直売所兼カフェ」の試行にあてました。

島民の反応は様々でしたが、多くの皆さんの協力を得て、無事終了。
島にとっては初めてのカフェ、興味津々で、こっそりのぞいていく人もあれば、わざわざ家族で食事する人たちがいたりで、大いに話題を提供しました。



島民350人に、夏季だけで2万人以上の観光客が押し寄せる粟島に、食堂がたったの5軒しかない。民宿に泊まる観光客は良いとしても、キャンプに来る若者たちは食糧持参しないと食事にありつけない状況です。もちろん、コンビニもスーパーもこの島にはありません。それでも準備段階で、既存の食堂関係者の中には、臨時カフェの開店について異議申し立てされることもあったりで、どうなることかと気を揉みましたが、結果は多くの理解を得て売上も当初の目標ラインを超えました。

ちなみにカフェスローが今回展開した食事メニューは、湘南ぴゅあポークのホットドックに、蝦夷鹿のステーキ、 短角牛のキーマカレー。さらに地場産の野菜のハーブソテー。これが結構評判でした。実は粟島には鹿はいないはずが、最近つがいで持ち込んですぐに逃してしまった人 がいて、見つけられず、その結果、いまでは40頭以上に繁殖し、駆除しないと大変なことになる状況になっています。なので鹿料理は近い将来、粟島の郷土料 理になっていかもしれません?!

この秋からカフェスローには新しいスタッフも二人加わり、メニューも新しくなります。
秋の装いで皆さんをお待ちしています。

-----------------------------------------------------------------------
・粟島メニューはこちらから→「いざ、粟島へ、カフェ屋台出店!」

・「ホーキせよ!」カフェスロー母体であるナマケモノ倶楽部から311以後の激しい流れを生きる中で、脱力とユーモアを忘れないナマケモノ倶楽部らしい書籍が出版されました。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログ内を検索

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の投稿一覧

カテゴリー

これまでの投稿

吉岡淳関連書籍

吉岡淳関連書籍

吉岡淳関連書籍

リンク

プロフィール

mobile

qrcode

その他